医療と女性

皆さん、「女性と医療」という言葉を聞いてどういうイメージがありますか。何となく医療系の仕事は女性よりも男性の方が多い気がしますが、実際の所はどうなのでしょうか。少し調べてみたいと思います。一昔前までは、男性が外へ働きに行き女性は家で家事をするというのが一般的な夫婦のスタイルでした。しかし、今ではどうでしょう。女性に対する見方が変わり、女性の社会進出が急速に進んでいるように思います。それに伴い、やはり皆さんの会社でも女性社員の数が圧倒的に増えてきたのではないでしょうか。

では、医療業界ではどうでしょうか。だいたい医者といえば男性ではないですか。医者というのは人を治療するのが仕事となります。治療をするのは健康な人ではなく事故や病気を患っている方で、治療方法は外科的なものから手術まで様々あります。そんな中やはり人の体内を見るというのはかなり勇気のいる作業ですよね。しかも、一度や二度ではなくそれを仕事としている以上毎日何十回と見なくてはなりません。こういった勇気のいる特殊な仕事であることから、男性比率が多くなるのではないかと思います。
医療業界で看護師というと女性をイメージされる方が多いのではないかと思います。しかし、最近では男性看護師の存在も大きくなってきているようです。これから来る深刻な高齢化社会を支える重要なカギは男性看護師であるという声もささやかれています。そういった意味で医療業界における男女の比率が同等になる日は、そう遠くはないのではないかと思います。求人を探している男性の看護師のかたがもっと増えてくれる事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です